• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対談:高橋善正×山崎裕之「選手たちのカラダが後退している」

 日刊ゲンダイGW特別号で開幕1カ月の誤算を一刀両断した本紙評論家の「完全試合投手」高橋善正氏(70=元東映、巨人)と「2000本安打」山崎裕之氏(68=元ロッテ、西武)。現在のプロ野球の問題点について語ってもらった。

――巨人は阿部、相川、大田、オリックスは中島など、肉離れで戦線離脱した選手が続出しています。

山崎「これはプロ野球界全体の練習の仕方が影響してると思うんです」

高橋「それは山ちゃんにも聞こうと思ってたんだよ。本当にケガが多いよね、最近は。昔のレギュラーってさ、1年間通してもケガするのなんてめったにいなかったのに。最近は軒並みだもんね」

山崎「キャンプを見ていて気になるのが走る練習です。我々の時代は野球経験者がトレーニングコーチのような形で指導して、ダッシュの時は必ずスパイクに履き替えていました。今はダッシュだってアップシューズでしょ。しかも、天然芝の力が逃げるようなところで走っている。スパイクを履いて土をしっかり掴んで走ってこそ足首やふくらはぎが鍛えられる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る