中日・川上憲伸が若手選手に注文 「野生っぽさ薄れている」

公開日:  更新日:

「自分がプロに入った頃は、試合が終われば朝まで酒を飲んで、翌日に球場に来てもまだ酒の臭いがするようなタフな先輩もいました(笑い)。僕自身、あの頃は野球選手はそういうものなんだと思っていたりもしましたね、今は違いますけど。それがだんだん体に気を使うようになって、酒を控えたりするようになった。そういう意味では選手の気質が変わる時代の狭間に、プロ入りしたのかなと思います」

 こう語る中日・川上憲伸(39)は、徳島商業から明大を経て97年のドラフト逆指名で中日に入団。メジャーでのプレーを経て、今年でプロ18年目を迎える。プロ野球選手は豪放磊落でつわものが揃っていた時代から、いわゆるアスリート気質に変化した。プロはもちろん、アマでも練習設備、練習方法は進歩している。

「高校生を見ていても、十分すぎるくらいの技術を持ってプロに入ってくる。言葉遣いもきちっとして、人間的にもしっかりしているなと思う。自分なんて高校のときは敬語すらあやしいレベルでしたから(苦笑)。フォームを作り上げるにも、プロでいろんなことを学びながら、4~5年はかかりましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る