辛口対談 “誤算”だらけのプロ野球開幕1カ月を評論家が斬る

公開日:  更新日:

 セ・パともに予想外の展開が繰り広げられているプロ野球。まだ三十試合あまりが終わっただけとはいえ、開幕前の評論家の順位予想など影も形もない。誤算続きのプロ野球を、日刊ゲンダイ評論家の完全試合投手・高橋善正氏(70)と2000本安打・山崎裕之氏(68)に語ってもらった。

■巨人は若手が伸び伸びやっている

――巨人は原監督が一塁にコンバートした阿部について、「99%捕手に戻さない」と話していました。いくら相川が負傷離脱とはいえ、正捕手候補の小林がいながら阿部を捕手に復帰させたのはなぜでしょうか。

山崎「キャンプの時に原監督に聞いたら、『阿部としっかり話し合っての一塁コンバートだ。捕手復帰は99%ありません』と。その直後ですからね。おそらく原監督の性格でしょう。打線をいじくっているのを見ても、我慢ができない性格に見えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る