• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15日に復帰登板予定も…広島・黒田の故障は意外にやっかい

 意外に長引くかもしれない。

 右足の故障で登録抹消されている広島の黒田は7日、広島市内の病院で検査を行い、「右腓骨筋腱周囲炎」と診断された。要するに右足首の炎症なのだが、右投手にとって軸足となる右足首の故障はやっかいだ。

 投げる際には右足にしっかり体重を乗せ、左足を踏み出した後、プレートを蹴って左足へ体重移動する。右足が万全でなければ、この動作に支障をきたし、本来の投球ができない。右足首をかばって投げていれば、ふくらはぎや太もも、腰や股関節などを痛めることもある。

 現在は遠投などで調整している黒田について畝投手コーチは「今後はブルペンに入ってからの話で、それを見て登板予定を決める」という。

 黒田本人は「やれることをやっていくだけ。当然、早く戻れるようにしたい」と語り、15日のDeNA戦登板を目標に調整していくそうだ。看板選手の故障が長引けば、広島は戦力的にも営業面でも痛手が大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る