15日に復帰登板予定も…広島・黒田の故障は意外にやっかい

公開日:  更新日:

 意外に長引くかもしれない。

 右足の故障で登録抹消されている広島の黒田は7日、広島市内の病院で検査を行い、「右腓骨筋腱周囲炎」と診断された。要するに右足首の炎症なのだが、右投手にとって軸足となる右足首の故障はやっかいだ。

 投げる際には右足にしっかり体重を乗せ、左足を踏み出した後、プレートを蹴って左足へ体重移動する。右足が万全でなければ、この動作に支障をきたし、本来の投球ができない。右足首をかばって投げていれば、ふくらはぎや太もも、腰や股関節などを痛めることもある。

 現在は遠投などで調整している黒田について畝投手コーチは「今後はブルペンに入ってからの話で、それを見て登板予定を決める」という。

 黒田本人は「やれることをやっていくだけ。当然、早く戻れるようにしたい」と語り、15日のDeNA戦登板を目標に調整していくそうだ。看板選手の故障が長引けば、広島は戦力的にも営業面でも痛手が大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る