原監督は「再昇格」意向も…フランシスコに爆発寸前ストレス

公開日:  更新日:

「体重120キロあるんでしょ? 見たかったなあ……。試合に出てくれればアンパイだったのに……」

 8日の巨人との試合前、DeNA関係者がこう残念がっていた。

 打撃不振とマズ過ぎる守備で、たった5試合で二軍落ちした巨人の新外国人ホアン・フランシスコ(27)のことである。が、“心配”は無用。すぐに一軍に戻ってくる可能性があると、さる球界関係者がこう言うのだ。

「シーズン途中加入で超破格の年俸1億4300万円。原監督は早めに二軍に落としたけど、守備のサインプレーなど、準備ができ次第、すぐにでも再昇格させたい意向がある。中軸の阿部、坂本が故障離脱中で得点力不足、特に長打力不足は深刻で、フランシスコはフリー打撃で東京ドームの天井にブチ当てるほどのパワーの持ち主ですからね。18打席11三振だろうが、日本の野球に慣れさえすれば……と考えているんです。なにせ、映像を見て最終的に獲得にGOサインを出したのは原監督。このまま二軍に置いていては自身の見る目を疑われますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る