原監督は「再昇格」意向も…フランシスコに爆発寸前ストレス

公開日:  更新日:

「体重120キロあるんでしょ? 見たかったなあ……。試合に出てくれればアンパイだったのに……」

 8日の巨人との試合前、DeNA関係者がこう残念がっていた。

 打撃不振とマズ過ぎる守備で、たった5試合で二軍落ちした巨人の新外国人ホアン・フランシスコ(27)のことである。が、“心配”は無用。すぐに一軍に戻ってくる可能性があると、さる球界関係者がこう言うのだ。

「シーズン途中加入で超破格の年俸1億4300万円。原監督は早めに二軍に落としたけど、守備のサインプレーなど、準備ができ次第、すぐにでも再昇格させたい意向がある。中軸の阿部、坂本が故障離脱中で得点力不足、特に長打力不足は深刻で、フランシスコはフリー打撃で東京ドームの天井にブチ当てるほどのパワーの持ち主ですからね。18打席11三振だろうが、日本の野球に慣れさえすれば……と考えているんです。なにせ、映像を見て最終的に獲得にGOサインを出したのは原監督。このまま二軍に置いていては自身の見る目を疑われますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る