松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

総理、競泳北島を見習えや!

公開日: 更新日:

 桜前線が北へ駆け抜ける時期に、水泳の北島康介がわが身を桜に見立て、「選手としてやりたいことをやってきたが、桜は散った」。

 日本選手権で100メートル一本に絞って優勝を狙ったが3位だった。取り囲む記者ども、ついに引退か! と色めき立ったが、「来年もう一花咲かせたいという気持ちもある」。

 ピークの過ぎたわが身を桜に例えた。引退を「散り際」、桜散るように去り行くのを「花道を飾る」。潔さを花に例えたあたり、自分の見せ方を心得ていてなかなかよい。

 花なあ……源氏物語に、「花散里」「末摘花」。まさか日刊ゲンダイのスポーツ面にいにしえの雅を垣間見るか。

 桜が満開になった総理官邸で去年の春、花を見上げながら安倍晋三が「ここで一句」とやった。取り囲む記者ども、ほう!

 俳句だ、と色めき立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る