松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

総理、競泳北島を見習えや!

公開日:  更新日:

 桜前線が北へ駆け抜ける時期に、水泳の北島康介がわが身を桜に見立て、「選手としてやりたいことをやってきたが、桜は散った」。

 日本選手権で100メートル一本に絞って優勝を狙ったが3位だった。取り囲む記者ども、ついに引退か! と色めき立ったが、「来年もう一花咲かせたいという気持ちもある」。

 ピークの過ぎたわが身を桜に例えた。引退を「散り際」、桜散るように去り行くのを「花道を飾る」。潔さを花に例えたあたり、自分の見せ方を心得ていてなかなかよい。

 花なあ……源氏物語に、「花散里」「末摘花」。まさか日刊ゲンダイのスポーツ面にいにしえの雅を垣間見るか。

 桜が満開になった総理官邸で去年の春、花を見上げながら安倍晋三が「ここで一句」とやった。取り囲む記者ども、ほう!

 俳句だ、と色めき立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る