窮地に大仕事 “万年補欠”DeNA井手を監督・GMが手放し賞賛

公開日:  更新日:

「先制されても逆転できる。ベンチもスタジアムもいい雰囲気がある。遠征でも勢いそのままどんどん勝っていきたい」

 DeNAの井手正太郎(31)がお立ち台で喜んだ。14日の中日戦、左足首の故障で二軍落ちした梶谷の代役として3番・右翼でスタメン出場。五回に中押しとなるソロ本塁打を放つなど、2安打1打点の活躍で勝利に貢献した。2位巨人とのゲーム差を3に広げ、中畑監督も「やったねぇ。代役みたいな役割の雰囲気はあるが、それを感じさせない。梶谷も安心して治療に専念できる」と褒め称えた。

 01年のドラフト8巡目でダイエー(当時)に入団。10年に横浜に移籍した。プロ14年目を迎え、レギュラーを掴んだことはなく、役割は主に代打。チームはDeNAに生まれ変わり、数十人の選手が入れ替わったにもかかわらず、しぶとく生き残っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る