近くトレードか DeNAに居場所ない多村を欲しがる球団の名前

公開日:  更新日:

「関心を持っている球団はあるみたい」

 パの球団関係者がこう言うのはDeNAの多村仁志(38)のことだ。

「今季は右肘痛もあって二軍暮らしが続いているが、かなり回復しているらしい。二軍では打率.318、2本塁打、5打点(14日現在)と格の違いを見せ、先週末の楽天戦では外野守備にも就いた。ケガが多いのが難点で年間通しての活躍は難しいとしても、外野守備もそれなりにできるし、指名打者、代打も含めて戦力になりますよ」

 多村は昨季、73試合出場にとどまったが、10年にはソフトバンクで打率.324、27本塁打、89打点をマーク。当時の力を求めるのは酷としても、肘さえ完治すればまだまだチームに貢献できるというのだ。

■DeNAの交渉材料は投手か

 昨季の8月、スタメン出場した多村は全力疾走を怠ったこともあり、二回で途中交代。そのまま二軍降格となった。怠慢プレーを許さない方針を掲げる中畑監督は、「無気力のように見えた。出る以上はそういう姿を見せてはいけない」と厳しい姿勢を取ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る