近くトレードか DeNAに居場所ない多村を欲しがる球団の名前

公開日: 更新日:

「関心を持っている球団はあるみたい」

 パの球団関係者がこう言うのはDeNAの多村仁志(38)のことだ。

「今季は右肘痛もあって二軍暮らしが続いているが、かなり回復しているらしい。二軍では打率.318、2本塁打、5打点(14日現在)と格の違いを見せ、先週末の楽天戦では外野守備にも就いた。ケガが多いのが難点で年間通しての活躍は難しいとしても、外野守備もそれなりにできるし、指名打者、代打も含めて戦力になりますよ」

 多村は昨季、73試合出場にとどまったが、10年にはソフトバンクで打率.324、27本塁打、89打点をマーク。当時の力を求めるのは酷としても、肘さえ完治すればまだまだチームに貢献できるというのだ。

■DeNAの交渉材料は投手か

 昨季の8月、スタメン出場した多村は全力疾走を怠ったこともあり、二回で途中交代。そのまま二軍降格となった。怠慢プレーを許さない方針を掲げる中畑監督は、「無気力のように見えた。出る以上はそういう姿を見せてはいけない」と厳しい姿勢を取ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る