近くトレードか DeNAに居場所ない多村を欲しがる球団の名前

公開日:  更新日:

「関心を持っている球団はあるみたい」

 パの球団関係者がこう言うのはDeNAの多村仁志(38)のことだ。

「今季は右肘痛もあって二軍暮らしが続いているが、かなり回復しているらしい。二軍では打率.318、2本塁打、5打点(14日現在)と格の違いを見せ、先週末の楽天戦では外野守備にも就いた。ケガが多いのが難点で年間通しての活躍は難しいとしても、外野守備もそれなりにできるし、指名打者、代打も含めて戦力になりますよ」

 多村は昨季、73試合出場にとどまったが、10年にはソフトバンクで打率.324、27本塁打、89打点をマーク。当時の力を求めるのは酷としても、肘さえ完治すればまだまだチームに貢献できるというのだ。

■DeNAの交渉材料は投手か

 昨季の8月、スタメン出場した多村は全力疾走を怠ったこともあり、二回で途中交代。そのまま二軍降格となった。怠慢プレーを許さない方針を掲げる中畑監督は、「無気力のように見えた。出る以上はそういう姿を見せてはいけない」と厳しい姿勢を取ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る