今季最短KO…広島・黒田を泣かせた「狭いストライクゾーン」

公開日:  更新日:

 顔全体に浮かぶ大粒の汗が苦しさを感じさせた。

 右足くるぶしの炎症で離脱していた広島の黒田博樹(40)が15日のDeNA戦に中13日で先発。三回までは無失点に抑えたが、四回にバルディリスに犠飛を打たれて1点を献上すると、五回には1死二塁から石川に四球を与えて適時打とスクイズで3点を奪われ、今季最短となる5回4失点、わずか71球でKOされた。

 黒田は「思うようなボールがいかず、相手を抑えるイメージがもてなかった」と悔しそうに言った。マウンドでは右足のことは気にならなかったそうだが、相手は首位を走る好調DeNA。足の状態が万全ではなかったのを差し引いても、コントロールが武器である黒田が制球に苦しんでいた。

 そんな黒田に追い打ちをかけそうなのがストライクゾーンの「変化」だ。今季はNPBが試合のスピードアップ化を図る意味合いもあってか、開幕から「ゾーンが昨季と比べて外だけでなく内にも広い」との声が多くの選手から聞かれた。それが、4月末あたりから昨年と同等レベルに戻ったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る