広島は大行列、巨人は閑古鳥…「グッズ売り場」にも人気の差

公開日: 更新日:

 今年のファンミーティングは「広島ファンの広島ファンによる広島ファンのためのイベント」のようだった。

 平日のイベントにもかかわらず、午前10時前の開場から目に付くのは赤のユニホームを身にまとった広島ファンばかり。すぐにカープグッズ売り場は大混雑となり、一時は数十分間列に並ばないと店にすら入れない盛況ぶりだった。

 対照的に閑散としていたのが、運悪く広島のブース前にあった巨人グッズ売り場。商売上手な広島が限定グッズを販売するなどして人を集めたのに対し、こちらは立ち寄る客はごくわずか。

 店員も目の前に長蛇の列をなす広島ファンに圧倒されてか、心なしか元気がない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る