• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島は大行列、巨人は閑古鳥…「グッズ売り場」にも人気の差

 今年のファンミーティングは「広島ファンの広島ファンによる広島ファンのためのイベント」のようだった。

 平日のイベントにもかかわらず、午前10時前の開場から目に付くのは赤のユニホームを身にまとった広島ファンばかり。すぐにカープグッズ売り場は大混雑となり、一時は数十分間列に並ばないと店にすら入れない盛況ぶりだった。

 対照的に閑散としていたのが、運悪く広島のブース前にあった巨人グッズ売り場。商売上手な広島が限定グッズを販売するなどして人を集めたのに対し、こちらは立ち寄る客はごくわずか。

 店員も目の前に長蛇の列をなす広島ファンに圧倒されてか、心なしか元気がない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る