広島は大行列、巨人は閑古鳥…「グッズ売り場」にも人気の差

公開日:  更新日:

 今年のファンミーティングは「広島ファンの広島ファンによる広島ファンのためのイベント」のようだった。

 平日のイベントにもかかわらず、午前10時前の開場から目に付くのは赤のユニホームを身にまとった広島ファンばかり。すぐにカープグッズ売り場は大混雑となり、一時は数十分間列に並ばないと店にすら入れない盛況ぶりだった。

 対照的に閑散としていたのが、運悪く広島のブース前にあった巨人グッズ売り場。商売上手な広島が限定グッズを販売するなどして人を集めたのに対し、こちらは立ち寄る客はごくわずか。

 店員も目の前に長蛇の列をなす広島ファンに圧倒されてか、心なしか元気がない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る