• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督また“朝令暮改” 相川復帰秒読みで小林は二軍正捕手へ

 17日のヤクルト戦で巨人が完封負けを食らった。この1週間、5試合連続で1点差が続き、この日は2点差。打線は平均2得点しか奪えていない。原監督(56)は「0点では仕方ない。攻撃陣が何とかしないと」と疲労感をにじませた。

 指揮官が、そんな貧打線の起爆剤になると期待しているのが、今季ヤクルトからFA入団した捕手の相川亮二(38)だ。右太もも裏の肉離れで離脱していたが、二軍戦で復帰後、9打数5安打と打ちまくり、一軍昇格が秒読みになっている。ここで注目されるのが「捕手問題」。さるチーム関係者がこう言う。

「原監督が『99%ない』としていた阿部の捕手復帰をわずか開幕7試合目で決断したのは、相川の故障離脱が“緊急事態”だったからと説明した。でも、相川が戻ってきても、阿部はそのまま捕手続行です。二軍でリハビリ中だった阿部は、一軍復帰後は一塁に戻ることも想定していた。それが原監督から『復帰しても捕手で頼む』と告げられたみたいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る