原監督また“朝令暮改” 相川復帰秒読みで小林は二軍正捕手へ

公開日:  更新日:

 17日のヤクルト戦で巨人が完封負けを食らった。この1週間、5試合連続で1点差が続き、この日は2点差。打線は平均2得点しか奪えていない。原監督(56)は「0点では仕方ない。攻撃陣が何とかしないと」と疲労感をにじませた。

 指揮官が、そんな貧打線の起爆剤になると期待しているのが、今季ヤクルトからFA入団した捕手の相川亮二(38)だ。右太もも裏の肉離れで離脱していたが、二軍戦で復帰後、9打数5安打と打ちまくり、一軍昇格が秒読みになっている。ここで注目されるのが「捕手問題」。さるチーム関係者がこう言う。

「原監督が『99%ない』としていた阿部の捕手復帰をわずか開幕7試合目で決断したのは、相川の故障離脱が“緊急事態”だったからと説明した。でも、相川が戻ってきても、阿部はそのまま捕手続行です。二軍でリハビリ中だった阿部は、一軍復帰後は一塁に戻ることも想定していた。それが原監督から『復帰しても捕手で頼む』と告げられたみたいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る