原監督また“朝令暮改” 相川復帰秒読みで小林は二軍正捕手へ

公開日:  更新日:

 17日のヤクルト戦で巨人が完封負けを食らった。この1週間、5試合連続で1点差が続き、この日は2点差。打線は平均2得点しか奪えていない。原監督(56)は「0点では仕方ない。攻撃陣が何とかしないと」と疲労感をにじませた。

 指揮官が、そんな貧打線の起爆剤になると期待しているのが、今季ヤクルトからFA入団した捕手の相川亮二(38)だ。右太もも裏の肉離れで離脱していたが、二軍戦で復帰後、9打数5安打と打ちまくり、一軍昇格が秒読みになっている。ここで注目されるのが「捕手問題」。さるチーム関係者がこう言う。

「原監督が『99%ない』としていた阿部の捕手復帰をわずか開幕7試合目で決断したのは、相川の故障離脱が“緊急事態”だったからと説明した。でも、相川が戻ってきても、阿部はそのまま捕手続行です。二軍でリハビリ中だった阿部は、一軍復帰後は一塁に戻ることも想定していた。それが原監督から『復帰しても捕手で頼む』と告げられたみたいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る