決勝打も指揮官は“反省”強調 巨人・小林に不足しているもの

公開日: 更新日:

 巨人小林誠司(25)が決勝の2点タイムリーで試合を決めた。19日の阪神戦。同点の延長十一回2死満塁から中前へ運んだ。「川相ヘッドから『思い切ってスイングしてこい』と言われた。食らいついていこうと思って打席に立った」と小林。17日の試合で阿部が負傷し、登録抹消されたことで巡ってきたチャンスに、「阿部さんがいなくなってダメになったと思われないようしっかりやっていきたい」と笑顔だったが、川相監督代行は手厳しかった。

「いいきっかけにして欲しいけど反省点もあった。最後、小林は何とか挽回したいという気持ちで打った。だからといって反省点が消えるわけではない。反省すべき点は反省して今後につなげて欲しい」と「反省」を繰り返し、手放しで褒めなかった。3失点のリードに不満だったようだ。

 相川と大黒柱の阿部まで離脱しても正捕手の座は約束されない。実際、18日のスタメンマスクはベテランの実松だった。21日の広島戦からインフルエンザで静養していた原監督が復帰する。指揮官はわずか開幕7試合目で一塁にコンバートした阿部を捕手に復帰させた。つまり、小林に一度“失格”の烙印を押しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る