決勝打も指揮官は“反省”強調 巨人・小林に不足しているもの

公開日: 更新日:

 巨人小林誠司(25)が決勝の2点タイムリーで試合を決めた。19日の阪神戦。同点の延長十一回2死満塁から中前へ運んだ。「川相ヘッドから『思い切ってスイングしてこい』と言われた。食らいついていこうと思って打席に立った」と小林。17日の試合で阿部が負傷し、登録抹消されたことで巡ってきたチャンスに、「阿部さんがいなくなってダメになったと思われないようしっかりやっていきたい」と笑顔だったが、川相監督代行は手厳しかった。

「いいきっかけにして欲しいけど反省点もあった。最後、小林は何とか挽回したいという気持ちで打った。だからといって反省点が消えるわけではない。反省すべき点は反省して今後につなげて欲しい」と「反省」を繰り返し、手放しで褒めなかった。3失点のリードに不満だったようだ。

 相川と大黒柱の阿部まで離脱しても正捕手の座は約束されない。実際、18日のスタメンマスクはベテランの実松だった。21日の広島戦からインフルエンザで静養していた原監督が復帰する。指揮官はわずか開幕7試合目で一塁にコンバートした阿部を捕手に復帰させた。つまり、小林に一度“失格”の烙印を押しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る