決勝打も指揮官は“反省”強調 巨人・小林に不足しているもの

公開日:  更新日:

 巨人の小林誠司(25)が決勝の2点タイムリーで試合を決めた。19日の阪神戦。同点の延長十一回2死満塁から中前へ運んだ。「川相ヘッドから『思い切ってスイングしてこい』と言われた。食らいついていこうと思って打席に立った」と小林。17日の試合で阿部が負傷し、登録抹消されたことで巡ってきたチャンスに、「阿部さんがいなくなってダメになったと思われないようしっかりやっていきたい」と笑顔だったが、川相監督代行は手厳しかった。

「いいきっかけにして欲しいけど反省点もあった。最後、小林は何とか挽回したいという気持ちで打った。だからといって反省点が消えるわけではない。反省すべき点は反省して今後につなげて欲しい」と「反省」を繰り返し、手放しで褒めなかった。3失点のリードに不満だったようだ。

 相川と大黒柱の阿部まで離脱しても正捕手の座は約束されない。実際、18日のスタメンマスクはベテランの実松だった。21日の広島戦からインフルエンザで静養していた原監督が復帰する。指揮官はわずか開幕7試合目で一塁にコンバートした阿部を捕手に復帰させた。つまり、小林に一度“失格”の烙印を押しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る