ハーラートップの5勝 巨人・高木勇人「天然男」の“裏の顔”

公開日:  更新日:

 デビュー以来、無傷の開幕5連勝。巨人の新人としては堀内恒夫以来、49年ぶりの快挙と話題になった。ヒーローインタビューでの「僕は今日も頑張りました」「寮長が『勝ったらオムハヤシを作ってやる』と言ってくれたので明日食べます」「僕は僕です!」などの珍妙な天然コメントにも注目が集まる。球団から「僕は僕です!」とプリントされたTシャツが発売されるなど、人気面でも巨人の主役に躍り出るルーキーの素顔とは――。

■父の新メニュー

 三重・亀山市の実家で弁当店「関次郎」を営む父・泰樹さん(65)は、新メニュー「勇人スペシャル」を19日に発売するという。息子の好物という15センチの有頭エビフライ、社会人時代から瓶に詰めて持ち歩くようになった黒豆も入っている。値段は背番号54にちなみ、540円。「赤字です。弁当をきっかけに息子のことを応援してくれる方が増えれば」と泰樹さんがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る