3ボールが11回も 阪神・藤浪「プロ初完封勝利」は胸張れない

公開日:  更新日:

 数字だけを見れば「完璧な投球」にはなる。

 阪神の藤浪晋太郎(21)が20日の巨人戦で入団3年目にして初の完封勝利。たった1点の援護を守り切る2安打10奪三振の内容に、「真っすぐが良かった。コーナーにしっかりと投げ分けられ、粘り強く投げられたのが良かったと思います」と自画自賛すれば、和田監督も「藤浪に尽きますね。(先取点が入ったあと)守りに入ることなく投げてくれました」と手放しだった。

 が、課題の制球はこの日も荒れた。数字上は3四球でも、打者30人に対して3ボールまでいったのが実に11度。他球団のスコアラーに言わせると、「あれじゃあ、守っている野手はリズムに乗れませんよね。フルカウントが9度もあって、そのたびに天を仰いだり、下を向く野手が何人かいましたよ。援護がたったの1点というのは、阪神打線に元気がないことだけが原因じゃない」とのこと。続けて、「まあ、この日に限っては、巨人の各打者に的を絞らせなかった、ということにはなりますけど」と言った。要するに、「荒れ球が功を奏してのプロ初完封」というんじゃ、藤浪も胸は張れまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る