元同僚が“橋渡し” 阪神の問題児マートンをソフトBが狙う

公開日:  更新日:

 手がつけられなくなってきた。阪神の助っ人・マートン(33)である。

 13日のヤクルト戦で本塁突入の際に捕手・西田にタックル。直後にヤクルトベンチへ暴言を吐き、両軍が一触即発となる騒ぎを巻き起こした。その2日前の11日には打撃不振によるスタメン落ちを首脳陣から通告され激怒。試合前から報道陣に「シーユーアゲイン」とやる気のなさを示し、試合後には球団関係者にすら挨拶せず無言で球場を後にした。

 昨年、打率.338で初の首位打者になったのがウソのように、今季は37試合で打率.241、0本塁打、11打点とサッパリ。13年から続く3年連続3割も厳しい状況だ。このまま阪神がBクラスでシーズンを終えれば、マートンは間違いなく戦犯扱い。そうでなくても一塁への全力疾走を怠るなど、攻守に緩慢なプレーが目立つようになってきて、チームが手を焼いているのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る