• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝利投手目前降板も…「本拠地改装」はカブス和田に味方する

 右太ももの張りで故障者リスト(DL)入りしていたカブス・和田毅(34)が19日(日本時間20日)に選手登録され、20日のパドレス戦(サンディエゴ)に今季初先発。

 4回3分の2を1本塁打を含む4安打2失点。勝敗は付かなかった。この日の和田は初回から4者連続三振と上々の立ち上がり。四回まで毎回の9奪三振と力投しながら、五回、勝利投手の権利まであと1死としながらマドン監督に交代を告げられた。

 今回は開幕から不振が続いた5番手左腕のウッドに代わって先発機会を得たが、このままローテーションに定着する保証はない。マドン監督はウッドの復調具合などを踏まえた上で今後、配置転換もあると示唆しているからだ。

■さらに「本塁打」が出にくい球場に

 和田は12年に渡米して以降、左肘のトミー・ジョン手術(腱の再建)で満足に働けなかっただけに、今季にかける思いは強い。「最後までここにいて、結果を残せるように頑張りたい」と話す本人にとって、リニューアルされた本拠地はプラスに作用しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る