勝利投手目前降板も…「本拠地改装」はカブス和田に味方する

公開日:  更新日:

 右太ももの張りで故障者リスト(DL)入りしていたカブス・和田毅(34)が19日(日本時間20日)に選手登録され、20日のパドレス戦(サンディエゴ)に今季初先発。

 4回3分の2を1本塁打を含む4安打2失点。勝敗は付かなかった。この日の和田は初回から4者連続三振と上々の立ち上がり。四回まで毎回の9奪三振と力投しながら、五回、勝利投手の権利まであと1死としながらマドン監督に交代を告げられた。

 今回は開幕から不振が続いた5番手左腕のウッドに代わって先発機会を得たが、このままローテーションに定着する保証はない。マドン監督はウッドの復調具合などを踏まえた上で今後、配置転換もあると示唆しているからだ。

■さらに「本塁打」が出にくい球場に

 和田は12年に渡米して以降、左肘のトミー・ジョン手術(腱の再建)で満足に働けなかっただけに、今季にかける思いは強い。「最後までここにいて、結果を残せるように頑張りたい」と話す本人にとって、リニューアルされた本拠地はプラスに作用しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る