• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神首脳陣の曇った“眼力” ドラ1横山の巨人戦好投で露呈

 スカウトの目が節穴なら、新人選手獲得にはフロント幹部の意向が左右する。阪神に生え抜きの若手有望株が少ないわけだが、首脳陣の選手の実力を見極める目、起用法までおかしければ、Bクラスに低迷して当然という気もしてくる。

 阪神のドラフト1位ルーキー・横山雄哉(21=新日鉄住金鹿島)が、21日の巨人戦でプロ初先発。7回を投げ6安打2四球1失点と好投した。

 序盤の3回を無安打に抑えると、左腕から繰り出す140キロ台後半のストレートと100キロ台の大きなタテのカーブで巨人打線を翻弄。打線の援護に恵まれず白星はつかなかったものの、先発で十分通用することを証明してみせた。

 昨年11月、台湾のU21ワールド杯に登板後、ノースローが続いた。年明けの1月、大阪市内の病院で検査した結果は「左胸鎖関節炎」。2月のキャンプも二軍だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る