阪神首脳陣の曇った“眼力” ドラ1横山の巨人戦好投で露呈

公開日:  更新日:

 スカウトの目が節穴なら、新人選手獲得にはフロント幹部の意向が左右する。阪神に生え抜きの若手有望株が少ないわけだが、首脳陣の選手の実力を見極める目、起用法までおかしければ、Bクラスに低迷して当然という気もしてくる。

 阪神のドラフト1位ルーキー・横山雄哉(21=新日鉄住金鹿島)が、21日の巨人戦でプロ初先発。7回を投げ6安打2四球1失点と好投した。

 序盤の3回を無安打に抑えると、左腕から繰り出す140キロ台後半のストレートと100キロ台の大きなタテのカーブで巨人打線を翻弄。打線の援護に恵まれず白星はつかなかったものの、先発で十分通用することを証明してみせた。

 昨年11月、台湾のU21ワールド杯に登板後、ノースローが続いた。年明けの1月、大阪市内の病院で検査した結果は「左胸鎖関節炎」。2月のキャンプも二軍だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る