セ最多セーブのDeNA山崎 “守護神”の原点になった母への花束

公開日:  更新日:

 新人ながら開幕から抑えに抜擢され、リーグ最多の17セーブをマーク。5月だけで9セーブを荒稼ぎし、月間新人記録に並んだ。首位を走るチームの大きな柱になっている。

■中畑監督評

「当初は先発で起用したが、最初から抑えでと思っていた。(リリーフ登板の)オープン戦2試合目でカッコいいと思って3試合目で抑えに決めた。ボールも躍動感もあって、説得力が大アリだったね。アイツが死にかけたら、ウチはボロボロになる。1点差ゲームが怖くなる。最高の防波堤だ」

■インステップ

 本人いわく「3足分くらい内側に入る」という、左足をクロス気味に踏み出して投げる独特の投法。高田GMの評価の決め手のひとつになったのが独特な球筋だった。

「ツーシームがストレートの球速とあまり変わらず落ちて空振りが取れる。強いて言うなら、村山実さんのシュート気味に落ちるフォークに近い。ああいうボールの軌道はなかなかない」(高田GM)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る