• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ最多セーブのDeNA山崎 “守護神”の原点になった母への花束

 新人ながら開幕から抑えに抜擢され、リーグ最多の17セーブをマーク。5月だけで9セーブを荒稼ぎし、月間新人記録に並んだ。首位を走るチームの大きな柱になっている。

■中畑監督評

「当初は先発で起用したが、最初から抑えでと思っていた。(リリーフ登板の)オープン戦2試合目でカッコいいと思って3試合目で抑えに決めた。ボールも躍動感もあって、説得力が大アリだったね。アイツが死にかけたら、ウチはボロボロになる。1点差ゲームが怖くなる。最高の防波堤だ」

■インステップ

 本人いわく「3足分くらい内側に入る」という、左足をクロス気味に踏み出して投げる独特の投法。高田GMの評価の決め手のひとつになったのが独特な球筋だった。

「ツーシームがストレートの球速とあまり変わらず落ちて空振りが取れる。強いて言うなら、村山実さんのシュート気味に落ちるフォークに近い。ああいうボールの軌道はなかなかない」(高田GM)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る