• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ最多セーブのDeNA山崎 “守護神”の原点になった母への花束

 新人ながら開幕から抑えに抜擢され、リーグ最多の17セーブをマーク。5月だけで9セーブを荒稼ぎし、月間新人記録に並んだ。首位を走るチームの大きな柱になっている。

■中畑監督評

「当初は先発で起用したが、最初から抑えでと思っていた。(リリーフ登板の)オープン戦2試合目でカッコいいと思って3試合目で抑えに決めた。ボールも躍動感もあって、説得力が大アリだったね。アイツが死にかけたら、ウチはボロボロになる。1点差ゲームが怖くなる。最高の防波堤だ」

■インステップ

 本人いわく「3足分くらい内側に入る」という、左足をクロス気味に踏み出して投げる独特の投法。高田GMの評価の決め手のひとつになったのが独特な球筋だった。

「ツーシームがストレートの球速とあまり変わらず落ちて空振りが取れる。強いて言うなら、村山実さんのシュート気味に落ちるフォークに近い。ああいうボールの軌道はなかなかない」(高田GM)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る