• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAと真逆 年俸大幅増のオリはリーグ断然最下位の体たらく

 セで首位を快走するDeNAの健闘がいよいよ光る。

 18日、日本プロ野球選手会が発表した恒例の年俸調査。現在セ・リーグ首位のDeNAが、外国人選手を除く今季の支配下選手の平均年俸で12球団最低の2503万円だということがわかった。4年連続の最下位。6893万円で4年連続トップの巨人に3ゲーム差をつける“快進撃”は、コストパフォーマンスの意味でも評価していいだろう。

 総年俸でも42億7350万円で1位だった巨人と比べ、DeNAは15億150万円とここでも最少。約28億円の格差をはね返しているのだから立派だ。以前、「巨人のあの戦力なら誰が監督でも勝てる? それを言っちゃうとタッちゃん(原監督)がかわいそう。ハハハ」と言っていた中畑監督も、今回の年俸調査を聞いていよいよ胸を張っていることだろう。

 情けないのが、オリックス。オフの大補強で前年比1169万円増となる平均4464万円、総年俸27億2330万円でもパ2位、全体3位に“躍進”しながら、断然の最下位に沈んでいるとあっては、フロントの責任問題に発展するのは必至である。

 ちなみに、トップの巨人に続いたのはソフトバンクで総年俸34億2100万円、平均年俸5798万円。年俸4億円の松坂大輔という“不良債権”を抱えながら、こちらは前カードでパの首位に立った。対照的にフロントは胸をなで下ろしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る