• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAと真逆 年俸大幅増のオリはリーグ断然最下位の体たらく

 セで首位を快走するDeNAの健闘がいよいよ光る。

 18日、日本プロ野球選手会が発表した恒例の年俸調査。現在セ・リーグ首位のDeNAが、外国人選手を除く今季の支配下選手の平均年俸で12球団最低の2503万円だということがわかった。4年連続の最下位。6893万円で4年連続トップの巨人に3ゲーム差をつける“快進撃”は、コストパフォーマンスの意味でも評価していいだろう。

 総年俸でも42億7350万円で1位だった巨人と比べ、DeNAは15億150万円とここでも最少。約28億円の格差をはね返しているのだから立派だ。以前、「巨人のあの戦力なら誰が監督でも勝てる? それを言っちゃうとタッちゃん(原監督)がかわいそう。ハハハ」と言っていた中畑監督も、今回の年俸調査を聞いていよいよ胸を張っていることだろう。

 情けないのが、オリックス。オフの大補強で前年比1169万円増となる平均4464万円、総年俸27億2330万円でもパ2位、全体3位に“躍進”しながら、断然の最下位に沈んでいるとあっては、フロントの責任問題に発展するのは必至である。

 ちなみに、トップの巨人に続いたのはソフトバンクで総年俸34億2100万円、平均年俸5798万円。年俸4億円の松坂大輔という“不良債権”を抱えながら、こちらは前カードでパの首位に立った。対照的にフロントは胸をなで下ろしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る