• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第37回>いつの間にか大阪弁の輪の中心にいた

 夏の甲子園後に行われるU18世界選手権。甲子園で活躍した選手を中心に全国から代表が選ばれるものの、大半を関西出身者が占める。

 藤浪、北條(ともに現阪神)、田村(現ロッテ)らを中心に構成された12年の日本代表もしかり。青森の光星学院にいた北條、田村も大阪出身。ナインの間では自然と大阪弁が飛び交っていた。

 そんな中に岩手出身で、岩手育ちの大谷が入る。U18に出場する選手をチェックしに韓国に渡った日本ハムGM(現スカウト顧問)の山田正雄は、「性格を見極める絶好の機会でした」とこう言った。

「大阪弁は独特じゃないですか。一方的にまくしたてられたら、ボクらでも気後れするというか、ひるんでしまうようなところがある。そんな中に東北育ちで、ひょろひょろっとした大谷が入っていってどんな反応を示すのか。そもそも大阪弁の輪に入っていけない選手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る