バレ離脱もヤクルト「補強なし」 慌てず騒がずは“吉”と出るか

公開日:  更新日:

 動きはあるのか。

 ヤクルトは打の助っ人2人が故障で離脱。24日の巨人戦で一軍復帰したバレンティンが、その試合で左太もも肉離れを発症。全治4~6週間で、復帰は早くても交流戦明けの見通し。ミレッジも開幕直後に右肩肉離れで離脱中だ。長いシーズンを考えれば戦力はあるに越したことはない。例えば広島は今季、エルドレッド、グスマンが故障離脱するや、6人目となるシアーホルツを獲得した。ヤクルトは外国人やトレードでの緊急補強を考えているのか。

「補強は考えていない」と言うのは、ヤクルトの衣笠球団社長だ。

「チームはここまでバレンティンがいなくても勝ってきた。チーム状況が悪いなら考えますが、ミレッジは来週から外野守備につくようだから。今のところ、小川SDからも(補強に関する)報告は来ていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る