バレ離脱もヤクルト「補強なし」 慌てず騒がずは“吉”と出るか

公開日: 更新日:

 動きはあるのか。

 ヤクルトは打の助っ人2人が故障で離脱。24日の巨人戦で一軍復帰したバレンティンが、その試合で左太もも肉離れを発症。全治4~6週間で、復帰は早くても交流戦明けの見通し。ミレッジも開幕直後に右肩肉離れで離脱中だ。長いシーズンを考えれば戦力はあるに越したことはない。例えば広島は今季、エルドレッド、グスマンが故障離脱するや、6人目となるシアーホルツを獲得した。ヤクルトは外国人やトレードでの緊急補強を考えているのか。

「補強は考えていない」と言うのは、ヤクルトの衣笠球団社長だ。

「チームはここまでバレンティンがいなくても勝ってきた。チーム状況が悪いなら考えますが、ミレッジは来週から外野守備につくようだから。今のところ、小川SDからも(補強に関する)報告は来ていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る