日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル、上原、田沢の女房役も ベテラン捕手が語る3人の正体

 ブレーブスのA・J・ピアジンスキー捕手(38)の奮闘が米国で話題になっている。5月31日現在、29試合に出場して107打数28安打の打率2割6分2厘、3本塁打、17打点。40歳目前のベテランが、3年目のベタンコート(23)を抑えて老舗名門球団の正捕手を務めている。日本人投手の女房役を務めた経験もあるピアジンスキーに話を聞いた。

――レンジャーズ時代(13年)にバッテリーを組んだダルビッシュの印象は?

「いいヤツだったよ。力強くて、自分が知っている中でも最高のものを持ったピッチャーのひとり。スライダーは自分が見た中でも最高だった。自分がいた頃、彼は成長中で、その後も成長し続けて良くなっていった。今季、(右肘のトミー・ジョン手術を受けて)プレーできないのは残念だけれど、必ず復活するだろうし、完治したらまた問題なく投げられると思う。成長して戻ってくるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事