ダル、上原、田沢の女房役も ベテラン捕手が語る3人の正体

公開日:  更新日:

 ブレーブスのA・J・ピアジンスキー捕手(38)の奮闘が米国で話題になっている。5月31日現在、29試合に出場して107打数28安打の打率2割6分2厘、3本塁打、17打点。40歳目前のベテランが、3年目のベタンコート(23)を抑えて老舗名門球団の正捕手を務めている。日本人投手の女房役を務めた経験もあるピアジンスキーに話を聞いた。

――レンジャーズ時代(13年)にバッテリーを組んだダルビッシュの印象は?

「いいヤツだったよ。力強くて、自分が知っている中でも最高のものを持ったピッチャーのひとり。スライダーは自分が見た中でも最高だった。自分がいた頃、彼は成長中で、その後も成長し続けて良くなっていった。今季、(右肘のトミー・ジョン手術を受けて)プレーできないのは残念だけれど、必ず復活するだろうし、完治したらまた問題なく投げられると思う。成長して戻ってくるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る