元コーチ権藤博氏も指摘 中日・浅尾「先発転向」へ待ったなし

公開日:  更新日:

 首脳陣も今こそ決断の時だ。

 1日、中日の浅尾拓也(30)が登録抹消。これまで何度も右肩関節腱板を痛めているだけにマスコミも騒然としたが、友利投手コーチは「疲労がたまっただけ。ガソリンを入れてすぐに戻ってくる」と、故障ではないと話した。

 浅尾は5月2日に不調で二軍落ちし、16日に一軍復帰。それからわずか6試合で疲労だというのでは、とても中継ぎは務まらない。二軍ではロングリリーフをこなし、森ヘッドコーチも「ゆくゆくは先発という時期にきている」と話していた。ならば、今がその時じゃないのか。

 12年に中日で投手コーチを務めた評論家の権藤博氏も、当時浅尾に先発転向を勧めていた。権藤氏は182センチ、75キロと細身の浅尾が剛速球を投げられることについて、日刊ゲンダイの連載でこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る