1軍初安打がHR 中日・桂は奨学金で野球を続けた苦労人

公開日:  更新日:

 いきなり大仕事をやってのけた。

 21日のヤクルトとの首位攻防戦。1-0で迎えた五回1死走者なしの場面だった。この日、プロ初出場、初先発マスクの大卒2年目捕手が、貴重な追加点となるプロ初安打初本塁打を左翼スタンドに叩き込んだ。守っては、3安打完投勝利の大野を好リード。試合後には先輩選手から次々に祝福され、顔をほころばせていた。

「(本塁打は)完璧でした。初のお立ち台? 気持ちいいです! この気持ちを忘れずにやっていきたい」

 大阪の太成学院大高から大商大に進み、13年のドラフト3位で中日に入団。2秒を切れば「一流」とされる二塁送球タイムで1秒85を記録する強肩が注目された。

 早くに両親が離婚し、自宅介護ヘルパーとして働く母に女手一つで育てられた苦労人。母のきくみさんは2年前、本紙の取材にこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る