1軍初安打がHR 中日・桂は奨学金で野球を続けた苦労人

公開日: 更新日:

 いきなり大仕事をやってのけた。

 21日のヤクルトとの首位攻防戦。1-0で迎えた五回1死走者なしの場面だった。この日、プロ初出場、初先発マスクの大卒2年目捕手が、貴重な追加点となるプロ初安打初本塁打を左翼スタンドに叩き込んだ。守っては、3安打完投勝利の大野を好リード。試合後には先輩選手から次々に祝福され、顔をほころばせていた。

「(本塁打は)完璧でした。初のお立ち台? 気持ちいいです! この気持ちを忘れずにやっていきたい」

 大阪の太成学院大高から大商大に進み、13年のドラフト3位で中日に入団。2秒を切れば「一流」とされる二塁送球タイムで1秒85を記録する強肩が注目された。

 早くに両親が離婚し、自宅介護ヘルパーとして働く母に女手一つで育てられた苦労人。母のきくみさんは2年前、本紙の取材にこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る