1軍初安打がHR 中日・桂は奨学金で野球を続けた苦労人

公開日: 更新日:

 いきなり大仕事をやってのけた。

 21日のヤクルトとの首位攻防戦。1-0で迎えた五回1死走者なしの場面だった。この日、プロ初出場、初先発マスクの大卒2年目捕手が、貴重な追加点となるプロ初安打初本塁打を左翼スタンドに叩き込んだ。守っては、3安打完投勝利の大野を好リード。試合後には先輩選手から次々に祝福され、顔をほころばせていた。

「(本塁打は)完璧でした。初のお立ち台? 気持ちいいです! この気持ちを忘れずにやっていきたい」

 大阪の太成学院大高から大商大に進み、13年のドラフト3位で中日に入団。2秒を切れば「一流」とされる二塁送球タイムで1秒85を記録する強肩が注目された。

 早くに両親が離婚し、自宅介護ヘルパーとして働く母に女手一つで育てられた苦労人。母のきくみさんは2年前、本紙の取材にこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る