田口壮氏急浮上も…オリ来季監督候補に挙がる“大物”の名前

公開日:  更新日:

「チームをいい方向に動かしていくためには手遅れになることが一番よくない。私がここで身を引くことが、チームが加速するためには一番いい方法かなと思い、自分で決めました」

 2日、都内ホテルで開かれたオリックスの緊急記者会見。森脇浩司監督(54)はこう言って目を潤ませながらこの日限りでの休養を明らかにした。

 オフに中島、ブランコ、バリントン、小谷野らを獲得。「総額30億円」といわれた大型補強で今シーズンに臨んだものの、チームは開幕直後からつまずいた。5月末には借金が「15」に膨れ上がり、自力優勝も消滅。本人の言葉どおり、自ら身を引く覚悟を決めたのか、フロントに背中を押されたのかはともかく、低迷の責任を取ることになったのは指揮官だった。

 当面、福良淳一ヘッドコーチ(54)が監督代行として指揮を執るが、オリックスはすでに水面下で来季以降の新監督招聘に向けて動き出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る