交流戦絶好調の阪神 マートン&メッセが“尻に火”点いたワケ

公開日: 更新日:

 問題助っ人が連日の活躍だ。

 阪神は7日の日本ハム戦、マートンが決勝打を含む3安打2打点と勝利に貢献。お立ち台で「ボチボチでんな」と関西弁で笑顔を見せた。6日にはメッセンジャーが8回無失点の好投で大谷に投げ勝ったばかりだ。

 マートンとメッセはこれまで、自身の不調に加え、緩慢プレーでチームをひっかき回してきた。マートンは気のない守備で投手の足を引っ張り、何度も乱闘騒ぎを起こした。メッセは4月にバントのサインを無視して球団から事情聴取され、不調で二軍降格も味わった。

 2人の不調と増長に合わせるようにチームは開幕からBクラスの低空飛行が続いた。マートンは年俸4億5000万円+出来高、メッセは13年から2年総額5億円(ともに推定)と高給を食んでおり、OBやマスコミからも「助っ人偏重のチーム編成の弊害だ」「こんな増長するような助っ人はクビにすべき」との声も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る