交流戦絶好調の阪神 マートン&メッセが“尻に火”点いたワケ

公開日:  更新日:

 問題助っ人が連日の活躍だ。

 阪神は7日の日本ハム戦、マートンが決勝打を含む3安打2打点と勝利に貢献。お立ち台で「ボチボチでんな」と関西弁で笑顔を見せた。6日にはメッセンジャーが8回無失点の好投で大谷に投げ勝ったばかりだ。

 マートンとメッセはこれまで、自身の不調に加え、緩慢プレーでチームをひっかき回してきた。マートンは気のない守備で投手の足を引っ張り、何度も乱闘騒ぎを起こした。メッセは4月にバントのサインを無視して球団から事情聴取され、不調で二軍降格も味わった。

 2人の不調と増長に合わせるようにチームは開幕からBクラスの低空飛行が続いた。マートンは年俸4億5000万円+出来高、メッセは13年から2年総額5億円(ともに推定)と高給を食んでおり、OBやマスコミからも「助っ人偏重のチーム編成の弊害だ」「こんな増長するような助っ人はクビにすべき」との声も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る