交流戦絶好調の阪神 マートン&メッセが“尻に火”点いたワケ

公開日: 更新日:

 問題助っ人が連日の活躍だ。

 阪神は7日の日本ハム戦、マートンが決勝打を含む3安打2打点と勝利に貢献。お立ち台で「ボチボチでんな」と関西弁で笑顔を見せた。6日にはメッセンジャーが8回無失点の好投で大谷に投げ勝ったばかりだ。

 マートンとメッセはこれまで、自身の不調に加え、緩慢プレーでチームをひっかき回してきた。マートンは気のない守備で投手の足を引っ張り、何度も乱闘騒ぎを起こした。メッセは4月にバントのサインを無視して球団から事情聴取され、不調で二軍降格も味わった。

 2人の不調と増長に合わせるようにチームは開幕からBクラスの低空飛行が続いた。マートンは年俸4億5000万円+出来高、メッセは13年から2年総額5億円(ともに推定)と高給を食んでおり、OBやマスコミからも「助っ人偏重のチーム編成の弊害だ」「こんな増長するような助っ人はクビにすべき」との声も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る