• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに単独最下位の阪神 助っ人の増長招いた球団の“遠慮”

 9日の広島戦に0-10で大敗し、和田監督になって初めて単独最下位に沈んだ阪神。咋10日は不振かつ緩慢プレーを重ねるマートン(33)を今季初めてスタメンから外したものの、2-7で敗れて屈辱の本拠地3連敗。借金は今季最多に並ぶ5となり、和田監督は「同じような内容で負けて非常に申し訳ない」と頭を下げた。

 今季のマートンは判定を不服として審判に詰め寄ったり、3日の巨人戦後には報道陣に暴言を吐くこともあったという。以前からコーチと大喧嘩したり、「舌禍事件」で騒がせてきた助っ人の増長は今季、いよいよ歯止めがきかなくなっている。

 来日1年目の10年、プロ野球新記録となる214安打を放ち、時の人となったマートン。しかし翌11年、打てなくなると精神的に不安定になることが増え、交流戦のロッテ戦ではアウトカウントを間違えてボールをスタンドに投げ込む大失態を演じたこともある。真弓監督時代の同年には、「マートンを解雇すべき」との声が現場から出たそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る