ついに単独最下位の阪神 助っ人の増長招いた球団の“遠慮”

公開日:  更新日:

 9日の広島戦に0-10で大敗し、和田監督になって初めて単独最下位に沈んだ阪神。咋10日は不振かつ緩慢プレーを重ねるマートン(33)を今季初めてスタメンから外したものの、2-7で敗れて屈辱の本拠地3連敗。借金は今季最多に並ぶ5となり、和田監督は「同じような内容で負けて非常に申し訳ない」と頭を下げた。

 今季のマートンは判定を不服として審判に詰め寄ったり、3日の巨人戦後には報道陣に暴言を吐くこともあったという。以前からコーチと大喧嘩したり、「舌禍事件」で騒がせてきた助っ人の増長は今季、いよいよ歯止めがきかなくなっている。

 来日1年目の10年、プロ野球新記録となる214安打を放ち、時の人となったマートン。しかし翌11年、打てなくなると精神的に不安定になることが増え、交流戦のロッテ戦ではアウトカウントを間違えてボールをスタンドに投げ込む大失態を演じたこともある。真弓監督時代の同年には、「マートンを解雇すべき」との声が現場から出たそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る