サヨナラ勝ちも8-0から追いつかれ…阪神の“虚しいバカ騒ぎ”

公開日:  更新日:

「反省点が多い。心から喜べる試合ではない」

 勝った和田監督はマイクの前でこう言ったが、その通りだ。

 阪神は先発藤浪の快投で六回終了時点で8-0。02年に井川が記録した31回を超え32回連続無失点を達成。そこまで2安打10奪三振の内容なら、難なく完封勝ちかと思ったら、七回に別人と化す。

 伊藤隼や上本の拙守に足を引っ張られる不運はあったものの突然崩れて4失点KO。2番手高宮も適時打を許し、3番手松田が今江に3ランを浴びてまさかの同点。甲子園のファンは、前日の悪夢を思い出したに違いない。

 阪神は前日も1点リードの九回二死から、抑えの呉昇桓が連打と四球で満塁とし、角中に逆転満塁弾を打たれて嫌な負け方をしたばかり。グラウンドに投げ込まれた黄色いメガホンの数がファンの気持ちを「代弁」していた。同日には二軍もオリックス相手に九回の満塁被弾で黒星を喫しているから、「親子」してファンを落胆させたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る