野手陣不調で…ヤンキース田中に球宴“棚ボタ”出場チャンス

公開日:  更新日:

 右手首の炎症などから復帰したヤンキース・田中将大(26)がタナボタでオールスターに出場する可能性が出てきた。

 今季のヤンキースはア・リーグ東地区で首位争いを繰り広げながら、個々の成績がパッとしないため、球宴ファン投票では苦戦している。8日(日本時間9日)に発表された第3回中間集計ではDH部門でA・ロドリゲスが3位(78万8538票)につけたのが最高。アストロズのアルトゥーベ(280万9731票)がトップの二塁手部門を除いて、他の1位は昨季のリーグ覇者ロイヤルズ勢の独占を許している。

 このまま選手の調子が上がらなければ、全米屈指の人気を誇るヤンキースから野手が一人も選ばれない事態まで考えられる。対照的に投手陣は好調で、先発ではチームトップの7勝(2敗)をマークしているピネダ、リリーフ陣ではセットアッパーのベタンセス(4勝0敗2セーブ、防御率0.29)、守護神ミラー(17セーブ、防御率1.04)の2人が好調だ。順当ならア・リーグの指揮を執るロイヤルズのヨスト監督はこの3人の中から監督推薦で選ぶはずだが、ヤンキースの意向で選出が見送られる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る