野手陣不調で…ヤンキース田中に球宴“棚ボタ”出場チャンス

公開日: 更新日:

 右手首の炎症などから復帰したヤンキース・田中将大(26)がタナボタでオールスターに出場する可能性が出てきた。

 今季のヤンキースはア・リーグ東地区で首位争いを繰り広げながら、個々の成績がパッとしないため、球宴ファン投票では苦戦している。8日(日本時間9日)に発表された第3回中間集計ではDH部門でA・ロドリゲスが3位(78万8538票)につけたのが最高。アストロズのアルトゥーベ(280万9731票)がトップの二塁手部門を除いて、他の1位は昨季のリーグ覇者ロイヤルズ勢の独占を許している。

 このまま選手の調子が上がらなければ、全米屈指の人気を誇るヤンキースから野手が一人も選ばれない事態まで考えられる。対照的に投手陣は好調で、先発ではチームトップの7勝(2敗)をマークしているピネダ、リリーフ陣ではセットアッパーのベタンセス(4勝0敗2セーブ、防御率0.29)、守護神ミラー(17セーブ、防御率1.04)の2人が好調だ。順当ならア・リーグの指揮を執るロイヤルズのヨスト監督はこの3人の中から監督推薦で選ぶはずだが、ヤンキースの意向で選出が見送られる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る