• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野手陣不調で…ヤンキース田中に球宴“棚ボタ”出場チャンス

 右手首の炎症などから復帰したヤンキース・田中将大(26)がタナボタでオールスターに出場する可能性が出てきた。

 今季のヤンキースはア・リーグ東地区で首位争いを繰り広げながら、個々の成績がパッとしないため、球宴ファン投票では苦戦している。8日(日本時間9日)に発表された第3回中間集計ではDH部門でA・ロドリゲスが3位(78万8538票)につけたのが最高。アストロズのアルトゥーベ(280万9731票)がトップの二塁手部門を除いて、他の1位は昨季のリーグ覇者ロイヤルズ勢の独占を許している。

 このまま選手の調子が上がらなければ、全米屈指の人気を誇るヤンキースから野手が一人も選ばれない事態まで考えられる。対照的に投手陣は好調で、先発ではチームトップの7勝(2敗)をマークしているピネダ、リリーフ陣ではセットアッパーのベタンセス(4勝0敗2セーブ、防御率0.29)、守護神ミラー(17セーブ、防御率1.04)の2人が好調だ。順当ならア・リーグの指揮を執るロイヤルズのヨスト監督はこの3人の中から監督推薦で選ぶはずだが、ヤンキースの意向で選出が見送られる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る