日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最速154キロで3勝目も…マー君は“エンジン全開”の反動心配

 ヤンキースのジラルディ監督は試合前、「タナカを見るポイントは2つ。ひとつは制球、もうひとつは球のキレだ」と言った。

 3日(日本時間4日)のマリナーズ戦に登板した田中将大(26)。手首の炎症と前腕部の張りで、メジャーのマウンドは4月23日以来。約1カ月半のブランクがあったにもかかわらず、「制球」も「球のキレ」も合格点だった。

 7回78球を投げて3安打1失点。4月18日のレイズ戦以来、46日ぶりの白星を挙げた。与えた四球はゼロ、毎回9奪三振のオマケまで付けた。

 中でも冴えたのは左打者への内角ボールゾーンからストライクになるツーシームと、右打者への内角ボールからストライクになるスライダーだった。

 昨年の本塁打王で4番のクルーズを3打数無安打と完璧に抑えられたのは、第1打席で見逃し三振に打ち取った内角スライダーのコースとキレが良かったから。このスライダーが効いて、その後の2打席はいずれも腰を引いた打撃だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事