日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なでしこ首位通過 初ゴールの大儀見はこれで波に乗れるか

 世界女王なでしこジャパンが、カナダW杯1次リーグ3戦目(日本時間17日午前6時開始)の相手、エクアドルを1─0で下し、C組1位で決勝トーナメント進出を決めた。もっとも2連敗・得失点差マイナス15のエクアドルは、キックやトラップがおぼつかなかったり、お腹回りがタプタプの選手もおり、およそW杯には似つかわしくないレベル。そんなエクアドルを攻めあぐんだ。

 唯一のゴールは前半5分。左サイドからMF宮間がクロスを入れ、右サイドからFW大儀見がジャンプしながら、左ヒザに当てて押し込んだ。

 初戦スイス戦でシュート2本、2戦目カメルーン戦0本に終わった大儀見。不甲斐ないプレーを自覚しており、それだけに普段はクールな大儀見が、ゴールインしたボールを再度蹴り込み、右手でガッツポーズである。

「なでしこの絶対的エースFWとしてカナダに乗り込んだが、フィジカルコンディションがいまひとつ。得意のポストプレーでボールが収まらないプレーも目立ち、試合中に本人もイライラを隠せないでいる。それでも光明はある。実妹のFW永里が後半30分に交代出場。ピッチ内外で仲良しの永里がW杯デビューを果たして大儀見も大喜びしている。これで気持ちが吹っ切れ、決勝トーナメントでの活躍も期待できるでしょう」(現地で取材中の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事