なでしこ首位通過 初ゴールの大儀見はこれで波に乗れるか

公開日: 更新日:

 世界女王なでしこジャパンが、カナダW杯1次リーグ3戦目(日本時間17日午前6時開始)の相手、エクアドルを1─0で下し、C組1位で決勝トーナメント進出を決めた。もっとも2連敗・得失点差マイナス15のエクアドルは、キックやトラップがおぼつかなかったり、お腹回りがタプタプの選手もおり、およそW杯には似つかわしくないレベル。そんなエクアドルを攻めあぐんだ。

 唯一のゴールは前半5分。左サイドからMF宮間がクロスを入れ、右サイドからFW大儀見がジャンプしながら、左ヒザに当てて押し込んだ。

 初戦スイス戦でシュート2本、2戦目カメルーン戦0本に終わった大儀見。不甲斐ないプレーを自覚しており、それだけに普段はクールな大儀見が、ゴールインしたボールを再度蹴り込み、右手でガッツポーズである。

「なでしこの絶対的エースFWとしてカナダに乗り込んだが、フィジカルコンディションがいまひとつ。得意のポストプレーでボールが収まらないプレーも目立ち、試合中に本人もイライラを隠せないでいる。それでも光明はある。実妹のFW永里が後半30分に交代出場。ピッチ内外で仲良しの永里がW杯デビューを果たして大儀見も大喜びしている。これで気持ちが吹っ切れ、決勝トーナメントでの活躍も期待できるでしょう」(現地で取材中の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る