日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

「やたらミスが目立った」 なでしこ初代監督がスイス戦を酷評

 大きな国際大会の初戦には一種独特の緊張感が漂い、経験豊富なベテランが何でもないミスを犯したり、なかなか思うようなプレーができないもの。それは強豪もアウトサイダーも、もちろん男子も女子も同じである。

 カナダW杯1次リーグC組・初戦のスイス(世界ランク19位)戦を1―0で勝利。なでしこジャパンは、きっちり勝ち点3をゲットした。しかし「やたらとミスが目立った」試合だった。

 中でもFW大儀見、MF宮間、阪口、DF岩清水の主軸組は一体どうしてしまったのか? 攻守にハツラツとプレーした右SB有吉、積極的な飛び出しで勝利に貢献したGK山根のW杯初出場2人組が、及第点の動きを見せただけに百戦錬磨の主軸組のデキが気になった。

 もっとも、少しだけ彼女たちを弁護したい。

 なでしこジャパンは4年前、挑戦者としてW杯に臨んだ。優勝を期待する声はなく、選手たちはリラックスしながら優勝候補に立ち向かった。ドイツとスウェーデンを撃破し、決勝では優勝候補の筆頭・米国をPK戦の末に破り、望外のW杯制覇を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事