異例の長期政権 なでしこ率いる佐々木監督の“手練手管”

公開日: 更新日:

 初戦のスイス戦で勝ち点3を獲得し、W杯連覇に向け順調なスタートを切ったなでしこジャパン。6大会連続W杯出場のMF沢穂希(36)を筆頭に選手を巧妙な手綱さばきで操っているのが、07年12月からなでしこジャパンの指揮を執っている佐々木則夫監督(57)である。

 帝京高─明治大から電電関東(現J大宮。当時は社会人リーグ、JFL所属)でプレーした同監督は33歳で現役引退後、06年1月に日本女子代表コーチ、U─17日本女子代表監督に就任し、翌07年末に代表監督に昇格した。コーチ時代を含めると10年近くにわたり、なでしこジャパンを率いてきたことになる。

「男子と比べて女子の場合、概して“嫉妬深い”分、徹底した公平性と中立性が求められる。主軸だからと可愛がると『あの娘だけエコひいき』と糾弾され、ある日を境に誰も口をきいてくれなくなったり、女子サッカーでは、そういうことが往々にして起こり得る。佐々木監督の長期政権というのは、世界的に見ても異例中の異例といっていい」(協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る