異例の長期政権 なでしこ率いる佐々木監督の“手練手管”

公開日: 更新日:

 初戦のスイス戦で勝ち点3を獲得し、W杯連覇に向け順調なスタートを切ったなでしこジャパン。6大会連続W杯出場のMF沢穂希(36)を筆頭に選手を巧妙な手綱さばきで操っているのが、07年12月からなでしこジャパンの指揮を執っている佐々木則夫監督(57)である。

 帝京高─明治大から電電関東(現J大宮。当時は社会人リーグ、JFL所属)でプレーした同監督は33歳で現役引退後、06年1月に日本女子代表コーチ、U─17日本女子代表監督に就任し、翌07年末に代表監督に昇格した。コーチ時代を含めると10年近くにわたり、なでしこジャパンを率いてきたことになる。

「男子と比べて女子の場合、概して“嫉妬深い”分、徹底した公平性と中立性が求められる。主軸だからと可愛がると『あの娘だけエコひいき』と糾弾され、ある日を境に誰も口をきいてくれなくなったり、女子サッカーでは、そういうことが往々にして起こり得る。佐々木監督の長期政権というのは、世界的に見ても異例中の異例といっていい」(協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    小栗旬「日本沈没」コロナ禍で1年先のドラマ発表への疑問

もっと見る