MLB両投げ投手パット・ベンディットに聞く“2倍の苦労”

公開日: 更新日:

 メジャーで両投げが話題になった。アスレチックスのパット・ベンディット投手(29)である。5日のレッドソックス戦で、プロ8年目にして待望のメジャーデビュー。中継ぎとして4試合(計5回3分の2)を投げて1安打無失点、4奪三振、2四球。12日に右肩の張りで故障者リスト入りしたものの、近代野球ではエクスポズ(現ナショナルズ)のグレッグ・ハリスが95年9月28日のレッズ戦で投げて以来、2人目のスイッチ投手だ。そのベンディットを直撃した。

――子供の時から両投げだったそうですが。

「そう、もともとは右利きだけど、3歳ぐらいの時に父が両方で投げることを教えてくれた。父は両方の手足を使うことが運動に役に立つという考えだったんだ。子供だったから、特に何も考えずに教えられた通りにやっていた。今も野球以外のほとんどのことは利き手の右手を使っているよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  7. 7

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る