全米OP18位の松山 ダブルボギーが優勝スピースとの“決定差”

公開日: 更新日:

 全米オープンゴルフは、劇的な幕切れだった。

 最終組から1組前のジョーダン・スピース(21=米国)が、17番パー3で手痛い3パットのダブルボギーをたたくも、最終18番パー5は2オンに成功。2パットバーディーとして通算5アンダーの単独トップで先にホールアウトした。

 ただ、最終組は1打差で追う米ツアー屈指の飛ばし屋で、9勝の実力者ダスティン・ジョンソン(30=米国)。18番はドライバーで353ヤードも飛ばして、残り距離は249ヤード。それをアイアンでピン上5メートルのイーグルチャンスにつけた。入れたら逆転でメジャー初優勝だったが、下りのラインはボールが止まらずにカップを1.5メートルオーバー。誰もが返しのバーディーパットは楽勝、翌日にスピースとの18ホールのプレーオフになると思われた。

 ところが、ボールはカップをかすりもせずに3パットパー。これでスピースは2002年のタイガー・ウッズ以来13年ぶり史上6人目のマスターズ、全米オープンのメジャー連勝を史上最年少で達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る