全米OP18位の松山 ダブルボギーが優勝スピースとの“決定差”

公開日:  更新日:

 全米オープンゴルフは、劇的な幕切れだった。

 最終組から1組前のジョーダン・スピース(21=米国)が、17番パー3で手痛い3パットのダブルボギーをたたくも、最終18番パー5は2オンに成功。2パットバーディーとして通算5アンダーの単独トップで先にホールアウトした。

 ただ、最終組は1打差で追う米ツアー屈指の飛ばし屋で、9勝の実力者ダスティン・ジョンソン(30=米国)。18番はドライバーで353ヤードも飛ばして、残り距離は249ヤード。それをアイアンでピン上5メートルのイーグルチャンスにつけた。入れたら逆転でメジャー初優勝だったが、下りのラインはボールが止まらずにカップを1.5メートルオーバー。誰もが返しのバーディーパットは楽勝、翌日にスピースとの18ホールのプレーオフになると思われた。

 ところが、ボールはカップをかすりもせずに3パットパー。これでスピースは2002年のタイガー・ウッズ以来13年ぶり史上6人目のマスターズ、全米オープンのメジャー連勝を史上最年少で達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る