全米OP18位の松山 ダブルボギーが優勝スピースとの“決定差”

公開日: 更新日:

 全米オープンゴルフは、劇的な幕切れだった。

 最終組から1組前のジョーダン・スピース(21=米国)が、17番パー3で手痛い3パットのダブルボギーをたたくも、最終18番パー5は2オンに成功。2パットバーディーとして通算5アンダーの単独トップで先にホールアウトした。

 ただ、最終組は1打差で追う米ツアー屈指の飛ばし屋で、9勝の実力者ダスティン・ジョンソン(30=米国)。18番はドライバーで353ヤードも飛ばして、残り距離は249ヤード。それをアイアンでピン上5メートルのイーグルチャンスにつけた。入れたら逆転でメジャー初優勝だったが、下りのラインはボールが止まらずにカップを1.5メートルオーバー。誰もが返しのバーディーパットは楽勝、翌日にスピースとの18ホールのプレーオフになると思われた。

 ところが、ボールはカップをかすりもせずに3パットパー。これでスピースは2002年のタイガー・ウッズ以来13年ぶり史上6人目のマスターズ、全米オープンのメジャー連勝を史上最年少で達成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る