粘り強い年下スピースと優勝争い 首位・松山にかかる重圧

公開日:  更新日:

「ダンロップフェニックス」は(宮崎・フェニックスCC=7027ヤード・パー71)一騎打ちの様相を呈してきた。2日目上がりの18番パー5で、松山英樹(22)が2打目をピンそば20センチにつけると、日本ツアー初出場のジョーダン・スピース(21)も負けじとピン奥1メートルにつけ、ともにイーグルフィニッシュ。ギャラリーから大きな拍手が巻き起こった。

 2日目は同組の藤本佳則(25)が途中で棄権し、11番からはマッチプレーの様相。2人とも同じ1イーグル、6バーディー、1ボギーの64で回り、松山は通算10アンダー単独首位。スピースは1打差2位タイにつけ大会3日目も同組になった。米ツアーでしのぎを削る2人だが、どちらが強いのか。

 松山はスピースについて、「体調が悪いみたいだが、それでもこれだけスコアを伸ばしてくるのはさすが」とコメント。スピースは「ヒデキはパッティングが素晴らしい。タフな相手になることは間違いない」と、2人とも優勝をにらみ火花を散らしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る