粘り強い年下スピースと優勝争い 首位・松山にかかる重圧

公開日:  更新日:

「ダンロップフェニックス」は(宮崎・フェニックスCC=7027ヤード・パー71)一騎打ちの様相を呈してきた。2日目上がりの18番パー5で、松山英樹(22)が2打目をピンそば20センチにつけると、日本ツアー初出場のジョーダン・スピース(21)も負けじとピン奥1メートルにつけ、ともにイーグルフィニッシュ。ギャラリーから大きな拍手が巻き起こった。

 2日目は同組の藤本佳則(25)が途中で棄権し、11番からはマッチプレーの様相。2人とも同じ1イーグル、6バーディー、1ボギーの64で回り、松山は通算10アンダー単独首位。スピースは1打差2位タイにつけ大会3日目も同組になった。米ツアーでしのぎを削る2人だが、どちらが強いのか。

 松山はスピースについて、「体調が悪いみたいだが、それでもこれだけスコアを伸ばしてくるのはさすが」とコメント。スピースは「ヒデキはパッティングが素晴らしい。タフな相手になることは間違いない」と、2人とも優勝をにらみ火花を散らしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る