日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ評論家が異論「全米オープンの会場はふさわしくない」

 今年の全米オープン会場は2030年大会を開催するため、8年前につくられたパブリックコースだ。最近の全米オープンはゴルフを広く普及させるためにトーリーパインズ、ベスページといったパブリックコースでも開催している。

 それはそれで結構なことだとは思う。しかし、まだ10年もたっていない若いコースでどうして開催するのか疑問に思っていた。全米オープンの開催コースは何年も前に決まっているはずなのに、急きょチェンバーズベイGCに決まったのは、ウィングドフットGCなど名門コースが辞退したからだといわれている。

 テレビで見る会場は一見リンクス風のコースであるが、フェアウエーは干ばつで芝がやられてしまったかのようなひどい状態だ。グリーンはまだら模様で、それはポアナ芝が原因といっているけれど、日本ではスズメノカタビラといって、もっとも嫌われている雑草だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事