ゴルフ評論家が異論「全米オープンの会場はふさわしくない」

公開日: 更新日:

 今年の全米オープン会場は2030年大会を開催するため、8年前につくられたパブリックコースだ。最近の全米オープンはゴルフを広く普及させるためにトーリーパインズ、ベスページといったパブリックコースでも開催している。

 それはそれで結構なことだとは思う。しかし、まだ10年もたっていない若いコースでどうして開催するのか疑問に思っていた。全米オープンの開催コースは何年も前に決まっているはずなのに、急きょチェンバーズベイGCに決まったのは、ウィングドフットGCなど名門コースが辞退したからだといわれている。

 テレビで見る会場は一見リンクス風のコースであるが、フェアウエーは干ばつで芝がやられてしまったかのようなひどい状態だ。グリーンはまだら模様で、それはポアナ芝が原因といっているけれど、日本ではスズメノカタビラといって、もっとも嫌われている雑草だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る