ゴルフ評論家が異論「全米オープンの会場はふさわしくない」

公開日: 更新日:

 今年の全米オープン会場は2030年大会を開催するため、8年前につくられたパブリックコースだ。最近の全米オープンはゴルフを広く普及させるためにトーリーパインズ、ベスページといったパブリックコースでも開催している。

 それはそれで結構なことだとは思う。しかし、まだ10年もたっていない若いコースでどうして開催するのか疑問に思っていた。全米オープンの開催コースは何年も前に決まっているはずなのに、急きょチェンバーズベイGCに決まったのは、ウィングドフットGCなど名門コースが辞退したからだといわれている。

 テレビで見る会場は一見リンクス風のコースであるが、フェアウエーは干ばつで芝がやられてしまったかのようなひどい状態だ。グリーンはまだら模様で、それはポアナ芝が原因といっているけれど、日本ではスズメノカタビラといって、もっとも嫌われている雑草だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る