西武秋山vsソフトB柳田 首位打者争いに早くも“一抹の不安”

公開日: 更新日:

 パの首位打者を争う同級生の2人が意地の張り合いを見せた。

 23日の西武ソフトバンク戦。西武の秋山(27)が3安打を放ち、打率.381とすると、ソフトバンクの柳田(26)も負けてはいない。目の前でライバルに差をつけられてたまるかと言わんばかりに2安打を打ち、.375と食い下がった。

 いつになくハイレベルな首位打者争い。ソフトバンクの工藤監督はこのカードの前、「記録より記憶。お互い勝負しなきゃね」と話していたが、まだ後半戦にも突入していない6月だ。この時期から自軍選手にタイトルを取らせるための敬遠合戦を仕掛けるわけがない。

 問題は、2人がこのままデッドヒートを続けた時だ。工藤監督、シーズン終盤になっても「記録より記憶」と言えるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る