• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武秋山vsソフトB柳田 首位打者争いに早くも“一抹の不安”

 パの首位打者を争う同級生の2人が意地の張り合いを見せた。

 23日の西武─ソフトバンク戦。西武の秋山(27)が3安打を放ち、打率.381とすると、ソフトバンクの柳田(26)も負けてはいない。目の前でライバルに差をつけられてたまるかと言わんばかりに2安打を打ち、.375と食い下がった。

 いつになくハイレベルな首位打者争い。ソフトバンクの工藤監督はこのカードの前、「記録より記憶。お互い勝負しなきゃね」と話していたが、まだ後半戦にも突入していない6月だ。この時期から自軍選手にタイトルを取らせるための敬遠合戦を仕掛けるわけがない。

 問題は、2人がこのままデッドヒートを続けた時だ。工藤監督、シーズン終盤になっても「記録より記憶」と言えるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る