日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ糸井も脱帽…異彩放つSB柳田 驚異のアッパースイング

 日本代表の小久保監督が「俺の後継者」と認め、あのオリックス糸井が「化け物」と畏怖する。

 そんなソフトバンク柳田悠岐(25)が球界のみならず、お茶の間にその名を知らしめたのが今季のオールスターだ。甲子園での2戦目に6打数4安打2打点と活躍し、MVPを獲得。中でもバックスクリーン左に弾丸ライナーで突き刺さったホームランは、ファンの度肝を抜いた。

 もっか127安打60打点13本塁打、打率・316。そんな柳田の特徴といえば、フォロースルーで天を仰がんばかりに上を向くアッパースイング。レベルスイングが打撃の基本といわれている中、異彩を放っている。

「この打ち方ですか? 誰かに注意されたことはないですね。多分、僕はずっとこの打ち方ですよ。それこそ、野球を始めた頃からじゃないかな。特に意識して変えたことはないんで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事