オリ糸井も脱帽…異彩放つSB柳田 驚異のアッパースイング

公開日:  更新日:

 日本代表の小久保監督が「俺の後継者」と認め、あのオリックス糸井が「化け物」と畏怖する。

 そんなソフトバンク柳田悠岐(25)が球界のみならず、お茶の間にその名を知らしめたのが今季のオールスターだ。甲子園での2戦目に6打数4安打2打点と活躍し、MVPを獲得。中でもバックスクリーン左に弾丸ライナーで突き刺さったホームランは、ファンの度肝を抜いた。

 もっか127安打60打点13本塁打、打率・316。そんな柳田の特徴といえば、フォロースルーで天を仰がんばかりに上を向くアッパースイング。レベルスイングが打撃の基本といわれている中、異彩を放っている。

「この打ち方ですか? 誰かに注意されたことはないですね。多分、僕はずっとこの打ち方ですよ。それこそ、野球を始めた頃からじゃないかな。特に意識して変えたことはないんで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る