日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

風呂上りに股間を押さえて狼狽していたらガハハと大きな笑い声

 うわ!

 思わず、声にならない悲鳴が出ました。

 ある日の試合終了後。風呂を出て、自分のロッカーに畳んで置いてあったパンツをはいた瞬間です。急に熱くなった自分の股間に驚いて、風呂場に逆戻り。訳が分からぬまま、とにかく洗い流そうとシャワーをかけたらまた、

 うわ!!

 ビリビリしてどうにもなりません。えらいことになったと思いました。心当たりはまったくないものの、なにやらおかしな病気にかかったんじゃないか、とアタフタです。

 直後、遠くからガハハハと大きな笑い声。見れば、狼狽する僕を見て清原和博さんが手を叩いて喜んでいます。

 なんてことはない、僕が風呂に入っている隙に、サロメチールをたっぷりとパンツに塗りつけられていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事