• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

清原さんとローズがあわや一触即発 慌てて止めに入りました

 1997年に巨人にFA移籍してきた清原和博さんとは2年間、キャンプで同部屋でした。まず、驚いたのが、とにかくよく寝ること。初日の夜、20時にはベッドに入っているのを見て、最初はイヤな予感がしたんです。

 夜中に目を覚ますタイプなのかなぁ、と。だとすれば、朝まで寝つけなくて、僕が話し相手をしたり、雑用をこなさなければいけないのかな、参ったなぁ、と思っていたら、結局、清原さん、朝まで同じ格好で寝ていました。

「オレ、死んでるみたいに寝るやろ」

 寝る子は育つといいますが、あれ、本当だと思います。

 それと、とにかく野球道具を大事にする。高校時代にバットを抱いて寝ていたという逸話を聞いたことがありますが、バットを部屋にきれいに並べておくのはもちろん、毎日グラブも背中を丸めて黙々と磨きます。ユニホームやアンダーシャツが洗濯から返ってくれば、すべて袋から出して自分で畳み直すのも日課でした。聞けば、キャンプからシーズン終了まで、何十本と使うバットはお世話になった方にプレゼントする以外、すべて自宅に持ち帰ってきれいに保管し、オフにまとめて神社でお焚き上げしてもらったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る