元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

清原さんとローズがあわや一触即発 慌てて止めに入りました

公開日:  更新日:

 1997年に巨人にFA移籍してきた清原和博さんとは2年間、キャンプで同部屋でした。まず、驚いたのが、とにかくよく寝ること。初日の夜、20時にはベッドに入っているのを見て、最初はイヤな予感がしたんです。

 夜中に目を覚ますタイプなのかなぁ、と。だとすれば、朝まで寝つけなくて、僕が話し相手をしたり、雑用をこなさなければいけないのかな、参ったなぁ、と思っていたら、結局、清原さん、朝まで同じ格好で寝ていました。

「オレ、死んでるみたいに寝るやろ」

 寝る子は育つといいますが、あれ、本当だと思います。

 それと、とにかく野球道具を大事にする。高校時代にバットを抱いて寝ていたという逸話を聞いたことがありますが、バットを部屋にきれいに並べておくのはもちろん、毎日グラブも背中を丸めて黙々と磨きます。ユニホームやアンダーシャツが洗濯から返ってくれば、すべて袋から出して自分で畳み直すのも日課でした。聞けば、キャンプからシーズン終了まで、何十本と使うバットはお世話になった方にプレゼントする以外、すべて自宅に持ち帰ってきれいに保管し、オフにまとめて神社でお焚き上げしてもらったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る