元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

清原さんとローズがあわや一触即発 慌てて止めに入りました

公開日: 更新日:

 1997年に巨人にFA移籍してきた清原和博さんとは2年間、キャンプで同部屋でした。まず、驚いたのが、とにかくよく寝ること。初日の夜、20時にはベッドに入っているのを見て、最初はイヤな予感がしたんです。

 夜中に目を覚ますタイプなのかなぁ、と。だとすれば、朝まで寝つけなくて、僕が話し相手をしたり、雑用をこなさなければいけないのかな、参ったなぁ、と思っていたら、結局、清原さん、朝まで同じ格好で寝ていました。

「オレ、死んでるみたいに寝るやろ」

 寝る子は育つといいますが、あれ、本当だと思います。

 それと、とにかく野球道具を大事にする。高校時代にバットを抱いて寝ていたという逸話を聞いたことがありますが、バットを部屋にきれいに並べておくのはもちろん、毎日グラブも背中を丸めて黙々と磨きます。ユニホームやアンダーシャツが洗濯から返ってくれば、すべて袋から出して自分で畳み直すのも日課でした。聞けば、キャンプからシーズン終了まで、何十本と使うバットはお世話になった方にプレゼントする以外、すべて自宅に持ち帰ってきれいに保管し、オフにまとめて神社でお焚き上げしてもらったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る