• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

開口一番、清原さんが「ええなあ、ジャイアンツかぁ」と言った

 96年オフに巨人にFA入団された清原和博さんと同じユニホームを着たのは9年間。四六時中一緒にいたように思われるかもしれませんが、2人きりで食事に行ったことは実は5回もないと思います。例えば、キャンプ中の夜に電話がかかってきても、僕がすでに後輩選手と食事をしていることを伝えると、「それならええわ。そっちで楽しんで」とそういう気遣いをする方なのです。

 そんな清原さんと初めて会話を交わしたのは、僕が19歳の頃でした。90年ドラフトで念願の巨人入りを果たし、野球留学していたハワイから帰国した直後でした。お世話になっていた大阪の知人に食事に誘われると、その方が「キヨも呼んでるから」と言うのです。

 ビックリしました。慌てて1着しかなかった背広に着替え、ネクタイを締めて指定された店に向かいましたよ。何しろ、中学時代にはPL学園の清原さんと桑田さんを追っかけて、甲子園の大阪府予選まで行ったくらいの憧れの人でしたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る