元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

開口一番、清原さんが「ええなあ、ジャイアンツかぁ」と言った

公開日: 更新日:

 96年オフに巨人にFA入団された清原和博さんと同じユニホームを着たのは9年間。四六時中一緒にいたように思われるかもしれませんが、2人きりで食事に行ったことは実は5回もないと思います。例えば、キャンプ中の夜に電話がかかってきても、僕がすでに後輩選手と食事をしていることを伝えると、「それならええわ。そっちで楽しんで」とそういう気遣いをする方なのです。

 そんな清原さんと初めて会話を交わしたのは、僕が19歳の頃でした。90年ドラフトで念願の巨人入りを果たし、野球留学していたハワイから帰国した直後でした。お世話になっていた大阪の知人に食事に誘われると、その方が「キヨも呼んでるから」と言うのです。

 ビックリしました。慌てて1着しかなかった背広に着替え、ネクタイを締めて指定された店に向かいましたよ。何しろ、中学時代にはPL学園の清原さんと桑田さんを追っかけて、甲子園の大阪府予選まで行ったくらいの憧れの人でしたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る