田沢がメジャー球宴出場“射程圏内” 青木絶望で唯一の希望

公開日: 更新日:

 今年の米オールスター(7月14日、シンシナティ)では日本人選手は蚊帳の外か。

 ナ・リーグファン投票外野手部門の中間発表で常に上位にランクしていたジャイアンツ・青木宣親(33)が腓骨にひびが入り、故障者リスト(DL)入り。実戦復帰までに2週間以上を要することから、仮に選出されても出場は絶望的だ。

 今季はレンジャーズ・ダルビッシュ、ヤンキース・田中、マリナーズ・岩隈と球宴に選ばれた経験のある日本人の先発投手が揃って離脱した。日本人選手が1人も選出されないとなれば、イチローの10年連続出場が途切れた11年以来となる。

 そんな中、日本ファンの唯一の希望になりそうなのがレッドソックス・田沢である。今季はここまで中継ぎとしてチームトップの34試合に登板。0勝3敗と黒星が先行しているものの、防御率2.87とまずまずの働きぶりを見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る