「力不足…」 インディアンス村田は初昇格初先発も5失点黒星

公開日: 更新日:

 ようやく巡ってきたチャンスも生かせなかった。

 インディアンス傘下3Aコロンバスの村田透(30)が28日(日本時間29日)のオリオールズとのダブルヘッダー第2戦にメジャー初先発。3回3分の1を2本塁打を含む4安打5失点(自責点3)で初黒星を喫した。二回、下位打線に連打を浴びて2点の先制を許すと、四回にはデービス、スナイダーに一発を浴びた。7番ハーディにこの日、初めて四球を出して降板を告げられた。

 大体大から07年のドラフト1位で巨人に入団。大場(ソフトバンク)、篠田(広島)の「外れ外れ1位」だったものの、最速147キロの本格派右腕として期待された。

 しかし、巨人では力を発揮できず、一軍登板がないまま、10年オフに戦力外通告。当時、「巨人非情 ドラフト1位選手をたった3年でクビ」と話題になった。失意のまま12球団合同トライアウトを受けた村田は、自らの能力不足を認めつつ、こう素直な思いを吐露していたものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る