マー君“2戦連続3被弾”で暴落する広島マエケンの「評価」

公開日:  更新日:

「これまでもこういう時期はあったし、しっかり向き合って自分で乗り越えていくしかない」

 ヤンキースの田中将大(26)がこう言った。

 27日(日本時間28日)のアストロズ戦に先発して、5回を7安打6失点。二回までに6点の援護をもらいながら、21日のタイガース戦に続いて2戦連続で3本塁打を浴びるなどリードを守れずに降板した。

 ストレートの最速は150キロ。球威はあったものの、なにしろストレートの割合が少な過ぎた。ほとんどが変化球だったため、決め球のスプリットの威力は半減。打者にはことごとく踏み込まれ、フルスイングされた。

 懸案の右肘に最も負担のかかるのは、スプリットよりスライダーよりストレートだ。痛みがあって投げたくても投げられないならともかく、試合後の本人によれば「体は問題ない」とか。「自分の中でうまく投げられてないところがある。(フォームの)ズレです」とメカニックな部分が原因だと強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る