マー君“2戦連続3被弾”で暴落する広島マエケンの「評価」

公開日: 更新日:

「これまでもこういう時期はあったし、しっかり向き合って自分で乗り越えていくしかない」

 ヤンキースの田中将大(26)がこう言った。

 27日(日本時間28日)のアストロズ戦に先発して、5回を7安打6失点。二回までに6点の援護をもらいながら、21日のタイガース戦に続いて2戦連続で3本塁打を浴びるなどリードを守れずに降板した。

 ストレートの最速は150キロ。球威はあったものの、なにしろストレートの割合が少な過ぎた。ほとんどが変化球だったため、決め球のスプリットの威力は半減。打者にはことごとく踏み込まれ、フルスイングされた。

 懸案の右肘に最も負担のかかるのは、スプリットよりスライダーよりストレートだ。痛みがあって投げたくても投げられないならともかく、試合後の本人によれば「体は問題ない」とか。「自分の中でうまく投げられてないところがある。(フォームの)ズレです」とメカニックな部分が原因だと強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る