ヤンキース田中が3敗目 自己ワースト3被弾で“火ダルマ”

公開日: 更新日:

 強力打線のエジキになった。

 田中将大(26)が21日(日本時間22日)のタイガース戦に登板。3本塁打を含む10安打7失点(自責点5)で3敗目(4勝)を喫した。7失点は昨季9月27日のレッドソックス戦以来、2度目。1試合3本塁打を許したのは自身初めてのことだ。

 田中はチーム打率2割7分1厘を誇る強力打線に立ち上がりからつかまった。「制球面で甘く入るところがあった」(田中)という通り、勝負どころでのコントロールミスが致命傷になった。

 一回、2死から12年の三冠王で3番カブレラに右前打されると、続くV・マルティネスには甘く入った変化球を右中間スタンドに叩き込まれる。さらに味方の失策で走者を背負うと、6番J・D・マルティネスには直球を中堅スタンドに運ばれた。

 その後も、一向に立ち直る気配すら見せず、二回はカブレラを四球で歩かせ2死満塁のピンチを招くと、V・マルティネスに中前への2点適時打。五回にJ・D・マルティネスに再び一発を浴びて、この回を投げ終えて降板した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る