ヤンキース田中が3敗目 自己ワースト3被弾で“火ダルマ”

公開日:  更新日:

 強力打線のエジキになった。

 田中将大(26)が21日(日本時間22日)のタイガース戦に登板。3本塁打を含む10安打7失点(自責点5)で3敗目(4勝)を喫した。7失点は昨季9月27日のレッドソックス戦以来、2度目。1試合3本塁打を許したのは自身初めてのことだ。

 田中はチーム打率2割7分1厘を誇る強力打線に立ち上がりからつかまった。「制球面で甘く入るところがあった」(田中)という通り、勝負どころでのコントロールミスが致命傷になった。

 一回、2死から12年の三冠王で3番カブレラに右前打されると、続くV・マルティネスには甘く入った変化球を右中間スタンドに叩き込まれる。さらに味方の失策で走者を背負うと、6番J・D・マルティネスには直球を中堅スタンドに運ばれた。

 その後も、一向に立ち直る気配すら見せず、二回はカブレラを四球で歩かせ2死満塁のピンチを招くと、V・マルティネスに中前への2点適時打。五回にJ・D・マルティネスに再び一発を浴びて、この回を投げ終えて降板した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る