内海も村田も…巨人の不振でハッキリした「複数年契約」の害

公開日: 更新日:

 ヤクルト監督時代のノムさんの口癖を思い出す。

「選手の複数年契約は百害あって一利なし。やってもやらなくてもカネがもらえるというんじゃ、甘えが出るに決まってる。古田、池山を見てみい」

 こう言って当時の主力選手をバッサバッサと斬り捨てていたものだが、巨人の原監督は今、同じような心境ではないか。

 借金2で3位に沈む巨人。前カードの広島戦でも連敗を喫し、もう1カ月も連勝と勝ち越しがないドン底状態だ。

 開幕から一向に調子が上がらない主力に指揮官は不満タラタラ。中でも厳しい視線を向けられているのが、複数年契約を結ぶ高給取りである。

 4年契約が切れた13年オフに新たに2年契約を結んだ阿部慎之助(36)は、その年から成績が急降下。年俸5億1000万円の今季も打率.255、4本塁打とサッパリだ。故障で2度も二軍落ちした。3年10億円という大型契約2年目の村田修一(34)も打率.226、3本塁打。ここ2試合はスタメンを外れる体たらくである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る