借金生活に逆戻り…「野性味」標榜の巨人に深刻“屋外恐怖症”

公開日: 更新日:

 巨人の原監督(56)は今季のテーマに「野性味」を掲げている。が、結果は威勢のいい掛け声とは正反対。特に「虚弱」ぶりを露呈しているのが、屋外球場での試合である。

 今季、外のデーゲームは3勝8敗。ナイターを含めても13勝18敗と屋外で弱い。28日のヤクルト戦は神宮球場で午後2時試合開始。最高気温は30度を超える真夏日だった。試合前、指揮官は球場入りすると報道陣に言った。

「今日は暑いな。神宮で昼間の試合ってあまりないよね。前に横浜(スタジアム)であったな。暑い日に(抑えの)クルーンが打たれてさ。打ったのはハーパー? そう。そういう試合って寒気がするもんなんだけど、あの試合は(暑くて)寒気まではしなかった」

 炎天下のデーゲームの苦い記憶として、10年7月18日に横浜の助っ人に逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びた試合を挙げていたが、案の定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  5. 5

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  10. 10

    ジョセフHC契約延長も…ラグビー日本は守備コーチ残留せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る