借金生活に逆戻り…「野性味」標榜の巨人に深刻“屋外恐怖症”

公開日: 更新日:

 巨人の原監督(56)は今季のテーマに「野性味」を掲げている。が、結果は威勢のいい掛け声とは正反対。特に「虚弱」ぶりを露呈しているのが、屋外球場での試合である。

 今季、外のデーゲームは3勝8敗。ナイターを含めても13勝18敗と屋外で弱い。28日のヤクルト戦は神宮球場で午後2時試合開始。最高気温は30度を超える真夏日だった。試合前、指揮官は球場入りすると報道陣に言った。

「今日は暑いな。神宮で昼間の試合ってあまりないよね。前に横浜(スタジアム)であったな。暑い日に(抑えの)クルーンが打たれてさ。打ったのはハーパー? そう。そういう試合って寒気がするもんなんだけど、あの試合は(暑くて)寒気まではしなかった」

 炎天下のデーゲームの苦い記憶として、10年7月18日に横浜の助っ人に逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びた試合を挙げていたが、案の定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る