借金生活に逆戻り…「野性味」標榜の巨人に深刻“屋外恐怖症”

公開日:  更新日:

 巨人の原監督(56)は今季のテーマに「野性味」を掲げている。が、結果は威勢のいい掛け声とは正反対。特に「虚弱」ぶりを露呈しているのが、屋外球場での試合である。

 今季、外のデーゲームは3勝8敗。ナイターを含めても13勝18敗と屋外で弱い。28日のヤクルト戦は神宮球場で午後2時試合開始。最高気温は30度を超える真夏日だった。試合前、指揮官は球場入りすると報道陣に言った。

「今日は暑いな。神宮で昼間の試合ってあまりないよね。前に横浜(スタジアム)であったな。暑い日に(抑えの)クルーンが打たれてさ。打ったのはハーパー? そう。そういう試合って寒気がするもんなんだけど、あの試合は(暑くて)寒気まではしなかった」

 炎天下のデーゲームの苦い記憶として、10年7月18日に横浜の助っ人に逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びた試合を挙げていたが、案の定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る