借金生活に逆戻り…「野性味」標榜の巨人に深刻“屋外恐怖症”

公開日:  更新日:

 巨人の原監督(56)は今季のテーマに「野性味」を掲げている。が、結果は威勢のいい掛け声とは正反対。特に「虚弱」ぶりを露呈しているのが、屋外球場での試合である。

 今季、外のデーゲームは3勝8敗。ナイターを含めても13勝18敗と屋外で弱い。28日のヤクルト戦は神宮球場で午後2時試合開始。最高気温は30度を超える真夏日だった。試合前、指揮官は球場入りすると報道陣に言った。

「今日は暑いな。神宮で昼間の試合ってあまりないよね。前に横浜(スタジアム)であったな。暑い日に(抑えの)クルーンが打たれてさ。打ったのはハーパー? そう。そういう試合って寒気がするもんなんだけど、あの試合は(暑くて)寒気まではしなかった」

 炎天下のデーゲームの苦い記憶として、10年7月18日に横浜の助っ人に逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びた試合を挙げていたが、案の定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る