• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

捕手には戻れず、バットも湿り…G阿部は引退へ崖っぷち

 かつての面影はもうない。12残塁で引き分けに終わった前日の中日戦で「もう、そうそう代えようがない。何とか中軸が上がって欲しい」と原監督に奮起を促された4番の阿部慎之助(36)だったが、昨5日の試合も4タコ2三振。四回の2死三塁の好機で見逃し三振に倒れるなど、精彩を欠いている。

「一塁手・阿部」はなぜか打てない。首痛から復帰し、再び一塁にコンバートされてからの12試合で43打数6安打、打率.140。一塁を守った開幕6試合でも打率2割だった。阿部に近しいチーム関係者がこう言う。

「開幕7試合目で捕手に復帰した時は、マルチ安打が続くなど復調の気配がありましたが、一塁で出るとそれもなくなる。周囲が思うほど一塁は楽ではない。捕手にはほとんどない、体の切り返しや瞬発的な動きが必要になるからです。本人も『思った以上に大変』と漏らしていた。キャンプで右ふくらはぎを痛めたのも無関係ではないだろうし、開幕以来、一塁で拙守が続いたことで、重労働の捕手以上に、一塁守備に神経を使うはめになった。それが打撃面に影響している可能性はある。『捕手』という逃げ道がない以上、打てなくなったらジ・エンド。厳しい立場に追い込まれているといえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る