イチロー窮地…田沢にも力負けで「33打席連続無安打」に

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が7日(日本時間8日)のレッドソックス戦に途中出場し、3打数無安打2三振。これで連続打席無安打は「33」に伸びた。

 一塁手ベーカーが左わき腹を痛めて二回の守備から起用されながら、チャンスを生かせなかった。四回の第1打席は相手の先発左腕マイリーの真ん中低めの直球にバットが出ずに見逃し三振。2死二、三塁の好機で迎えた六回はカウント1-2と追い込まれ、最後は150キロの直球に反応できずに2打席連続の見逃し三振に倒れた。自身への不甲斐なさからか、日頃はポーカーフェースを崩さないイチローがベンチに引き揚げる際には渋い表情を見せた。

 八回には田沢との日本人対決が実現。過去、8打数1安打と相性の悪い右腕の152キロの直球をファウルにするなど、意地を見せたが結局は力負け。150キロのストレートを捉えきれずに力のない二ゴロに打ち取られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る